« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

朝からバーグ。

朝からハンバーグ、どんだけぇーーっ。こちら、あるお店のモーニング。9時OPENと書いていますが、9時に行っても「本日の営業は終了しました。」の札。勇気を出して、ドアをカランコロンと開けたならば「いらっしゃいませ。」と電気を付けてくれます。冬は寒いよ。
このお店は、ボリュームがある。モーニングはハンバーグの上に半熟目玉にたっぷりデミグラスソース、キャベツとレタスに酸味のある手作りドレッシング。それからトースト1枚に珈琲。
これで「450円」「どんだけぇーっ。」です、ハイ。
昼には学生集合、だからモーニング時は昼の仕込みちう。なので、あまり開けたくないんだよ、本音は。しししっ。スキよ、こんな店。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

食前には、梅酒。

クリックしたら、和蝋燭に灯がともる・・・。食前に『栄光酒造 蔵元の梅酒 飲み比べセット』の、『七折小梅梅酒』をいただく。愛媛県砥部町の特産の「七折小梅」を本格米焼酎と高縄山系の湧ヶ淵の名水で仕込んだ梅酒。「七折小梅」は、1900年初頭からの栽培で、その品質の高さから「青いダイヤ」と呼ばれているそうです。
今夜はね、麻婆豆腐を相方に作ってみた。次回はもう少し辛い方がいいそうです。
珈琲豆が切れて…買いに行く暇がなくって…スーパーで豆買ったけど、おいしくないな。ばーちゃんちには買い置きの豆がまだ残っていますが、白椿アパートのが切れてしまった。ガビーン、たすけてぇーっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

いい酒を、ちょっとだけ。

パンチェッタを古生姜で、内子の和蝋燭の灯りの元。今夜のいい酒は『栄光酒造』さんの大吟醸。
一口でいい酒だというのが分かる。
北海道展で購入し、冷凍しておいた『パンチェッタ』(2本目)を古生姜と一緒にいただく。
いい酒も、うまい酒の肴も少しでいい。少しをちびちびがいい。なぜだろ。
内子の和蝋燭が残り少なくなっています。この灯が消えるまで、じっくりと呑みたいな。相方の帰宅時間まで…。最近ね、石川さゆりさんの「ウイスキーがお好きでしょ?」が耳に残る。「もう少ししゃべりましょ。」なーんて、いい女に言われたいよなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

同級生、集合。

結構気に入っているんよ、珊瑚のピアス。先週土曜のランチ『棗』へ集合したは、専門学校同期生5人衆。かしましいを通り越し、ヤカマシイ。
皆々様の想像通り、白椿ただ一人が独身道突っ走っている。皆若い!!なんで小さなお子様がいるママって若いの?白椿の方が、老けてるよ。
2年ぶりぐらいに会う友もいて、久し振りに手の爪にストーンを付けた。それからピアスはばーちゃんのお土産、珊瑚のピアス。帰宅後、バカ弟に「どしたん、ださいピアスして。」やと、「おめぇーに言われたかぁーない。」「なー、姉ちゃん、クリスマスは仕事用靴下買うて!」「おぉ、毛糸の靴下買うてやる。ベッドの横に吊るしとけ。バーカ」そんな一日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

アンチョビって。

じゃがいもだけでもうまいんだよ。私ね、田舎者だから『アンチョビ』を使った料理、したことねー。何をして、どぉーしていいか分からない。そんやときゃ、感だ。その缶を開けてビックリ、生じゃんけ。で、エノキとにんにくを炒めて、その中にアンチョビみじん切りを投入(飛び散るよ・・・。)、別のフライパンで北海道じゃがいもを、にんにくとバターで炒めて、その上にアンチョビソースをのっけ盛。
じゃがいもがこんがりとしてて、それだけでもおいしい。ちょっと塩辛かった。アンチョビって少しでいいのね。でも、缶開けたら・・・日が持ちませんよね。
これは痛い目にあったの、蟹缶を大切に大切にチビチビと酒の肴にしていたら、ある夜、腐ってた。これ、か、な、り、ショック!!腐っても蟹缶じゃけの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「かぶ」の「ぬた」。

ほんとはね、熱燗にしたかったの…。最近、かぶが安く出ています。やわらかくて、何色にでも染まりそうな素直なかぶ。まるで白椿みたい!しししっ。
もちろん、ばーちゃんのお手製。今回はタコを入れてくれました。タコは白椿の好物の一つ。相方は嫌いです。だから、これも独り占め。
本当は熱燗にしたかったんだけど、冷で呑むとおいしいお酒でしたので、冷に。かぶって、シチューにしても、煮物にしても、菊花かぶにしてもいいね。このお箸、相方と大小で使っています。結構味が出てきたなぁー。マイ箸を持参している方も増えましたね。
携帯用のネジで組み立てるお箸が欲しいんだけど…めちゃ高い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

切ないな、恋。

中にはね、ももいろさんごの簪。土佐の高知のはりまや橋で坊さんかんざし買うをみた、ヨサコイ、ヨサコイ。「黒髪に簪」ブログが消滅して数日、親友ピーターが『かんざし』を持ってきてくれた。
桃色珊瑚の簪に思いをよせたのは、竹林寺の坊さん純信。お馬さんのよろこぶ顔見たさに簪を買うた。
男の人が女の人に簪を贈るって、なーんか、よか。プッって挿してネ。
こちらのお菓子の中には、簪飴が入っています。久し振りに棒付きの飴を舐めました。お風呂に入りながら、飴を舐めたよ。なーんか、幸せ。本体のお菓子はね、おいしいかぁー。珈琲にも合うし、おいしかよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

銀杏の季節だねぇー、あんた。

銀杏、むくのが大変ね。銀杏のにおいがするね。近くのお宮さんに銀杏の大きな木があるんです。昔は地区総出で、カッパ着たり、手袋したりして実を取って、地区で安く販売をしていました。(皮膚が弱い人はまけるんです。)実を麻袋に入れて、川に沈めておくんです。においが・・・たまらなく・・・臭いんですが、食べると美味しい。
殻から出して実にするのが大変。ペンチでむいています。封筒に入れてチンする方法もあるんだよね。
『雪雀の生貯蔵酒』の冷でいただいた。あー、茶碗蒸し食べたい・・・。鶏ガラで出汁取って、甘煮しいたけ入れて…食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

レインボーなんだよ。

レインボーキウイと真穴みかんだよ。叔母が東予のお土産にと『レインボーキウイ』をくれた。
中が赤いんです。お味は甘ぁーい。なんとなく、イチジクとのあいの子みたい。見た目はゴールドキウイみたいに、ヒゲが薄くて、ツルツル。
なかなかのヒット。
あと、みかんはね、宇和海の潮風と、太陽の陽ざしをいっぱいにうけて育った愛媛果物「真穴みかん」
皮が薄くて、甘くて、パクパクいただけます。
まだコタツ出してないから、コタツでみかんとはいきませんが、相方と久し振りに紅茶といただきました。イヒッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

内子座 大歌舞伎。

訪問着に母の袋帯、帯留は菊。ブログ行方不明ちうにmixiではupしておりましたが、こちらでも。。
『内子座 大歌舞伎』には祖母と二人。午前中は仕事で、美容室を予約してギリだったのに…美容室で二時間も経過。この日に限って…、で、着付け時間は多分15分。はじめて袖を通す訪問着に、はじめて結ぶ母の33厄年の帯。なんとかギリ間に合いました。
こんなにまじかで歌舞伎を観たのは、はじめて。また行きたいと思わせてくれた。そうそう、祖母も文太と同じだった、幕が開く瞬間に「財布がない…。」「えっ?」ではじまった歌舞伎。
『市川亀治郎』さま演ずる狐がね、イナバウアーした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

秋は肉じゃが。

クリックしたら豚肉じゃが。日曜甥っ子と『えひめこどもの城』で拾った落ち葉。せっかくだから、仕事に忙殺されている相方にも秋を感じてもらおう。お箸をこんな風に準備すると、秋だね。
北海道のジャガイモがスーパーに出ていたら、肉じゃがしたくなる。よく、手料理何が得意?なんて聞かれ「肉じゃが」という女は嘘っぽいと言うが、おいしいんだから仕方がねぇー。嘘はもっとうまく使うよ。しししっ。
お金があるときは、牛肉じゃが。お金がないときは豚肉じゃが。どちらもおいしいよねぇ。白椿は崩れかけているジャガイモが好きです。糸こんにゃくや人参は入れません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オリーブぅ~っ。

オリーブペーストは難しいなぁ。松山三越地下がリニューアルして、かれこれ経ってから行ってみた。
都会のデパ地下をイメージして行ったので、ちょっと商品が少ない気がした。お給料前の金欠状態の中、プラリナのオリーブペーストを購入。
帰宅後、蓋を開けてみた「うぅぅぅ・・・、苦手かも。」でも、850円ぐらいしたので、もったいないし、どうにかワインのアテにしようと、冷凍しているパンチェッタとエリンギならぬシメジを炒めて、オリーブペーストとニンニクを入れて温めた。チーズをトッピングしたら、なんとか。でも、好みではないな。
カナッペやチーズ、ドレッシングやソースの味付けにいいよって書いてあるんだけどな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

嗚呼、文太。

フラメンコ前には、こんなことを。土曜ランチは『全日空』。祖母、文太(父)、白椿の三人さま。なんと愛媛信用金庫の大吉くんだったかな…食事券が当選。文太「ワインくれや。」「赤、白、ロゼどちらにしましょうか?」「えっ?」
「よい、白椿、このキナイのは何ぞ。」白椿無視…。「おぉぉ、花か、花食うてしもたが。これ、食用やろ?」それから、スープを飲むのが、凄い小刻み。ズズッ、ズズッ×100回ぐらい。
帰りに三越によったら、加治恵理さんのフラメンコやってた。文太は興味ないから、「これ、持っとってくれや。」と白椿に荷物を渡してどっかで時間つぶし。手渡されたのは一升瓶にうるめ、予想外の重さで骨折寸前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復旧しつつ…。

「黒髪に簪」をいつもかわいがってくださり、感謝しております。

ココログを使用していますが、二つアカウントを持っていて、もう一つの使っていないブログをそろそろ使おうと、チョコチョコって設定。それで、初期化みたいなことをしたら、なんと「黒髪に簪」までもが消え去りました。

アッという間に、パッと消え。

アッと、アッと、アァァァァァァァァァァァァ゛!ってなって。

今ボチボチ復旧中。相方も全面協力ちう。

原因はニフティのアカウントを前ブログから変えていたと思っていたのが、実のところは変えてなくて、「黒髪に簪」のニフティアカンウトを指定し、バックアップを取らずに消去したこちらのミスということが分かりました。

ブログがある方や、個人的にメールをくださった方にはお知らせしたのですが、それ以外の方には連絡する手立てがございません。大変申し訳ないです。

キャッシュに残っているものをぼちぼち拾いながら今までのをupしたいです。

リンクしていただいたいる方、お手間でなかったら、また継続してリンクしてくださるならURLの変更をよろしくお願いします。今後とも、「黒髪に簪」をよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

ボジョレー2007。

今年もAgastiaでボジョレー。今年のボジョレーも『Agastia』さんで。メンバーは叔母、いとこ、白椿の三名さま。この日、11月15日は、いとこのHと、『Agastia』のJちゃんの誕生日。同時にお祝いです。
ピアノも演奏してくれ、リクエストは?と聞かれ迷わず「オール・オブ・ミー」をコールした。大好きな曲です。いつか歌いたい…。ちぃーと飲みすぎた…。翌日の頭痛はたまりません…、が、やめられない。
やっぱりJazzがスキ。なーんかね、憧れるんだよね。いつかカッコ良く歌いたいと常々思っています。
今年のボジョレーは、いい出来だとか。白椿は昨年のを覚えてないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

はじめての牡蠣料理。

グッチ裕三のレシピで作ったんだ。『グッチ裕三』さんの『グッチ裕三のうまいぞお ザ☆ベスト』に掲載されている牡蠣料理を作ってみた。生臭い料理をするのは、苦手です・・・が、あまりにもおいしそうだったので、やってみた。こりゃ、ワインでしょ。って言うか・・・冷蔵庫の冷酒がゼロになっちゃったんです・・・で、赤ワインがあったので、これに合うお料理と読んでいたら、これだ!!って思ったんです。
相方は『とれたてホップ』の瓶と缶の両方をさげて訪ねてくれた。これも一緒にいただいた。
あぁぁ、頭痛い。風邪、ひいちゃったかな。
いや、早くも金欠なだけでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

懐かしい、におい。

にんじん多く入れすぎた?。最近「竹炭入り」のボディーソープを買った。カラダを洗う度にアルにおいがするんです。何だと思う?なんと「墨汁」のにおいなんです。
「墨汁」ってね、思い出いっぱいない?。習字教室に通っていた頃、それから隣の男子が習字の時間に墨汁をかやした瞬間。白椿が小学生のころ、公民館でおじいちゃん先生に習字を習った。灯油ストーブで乾かして、ヨレヨレに波打った半紙を片手に、先生の列に並んだ。
「なんで、先生のよりうまく書けんのかなぁー。」と独り言を言ったら、同級生のみっちゃんに「先生よりうまく書けたら、習わんでええやん!。」と、つっこまれたあの頃、ほんと、何も知らない子供でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

鶴瓶のらくだ@内子座。

鶴瓶といっぱいちう。今夜は待ちに待った『鶴瓶のらくだ』を内子座で愉しんで来ました。縁合ってチケットを手に入れ、縁合って隣に座ったある方のご主人。そんな人間関係ではじまった。鶴瓶師匠の奥様は愛媛県の方で、とても親近感があり、終始笑い、笑いで幕を閉じた。「らくだ」は、鶴瓶師匠の師匠 六代目・笑福亭松鶴師匠(故人)の十八番であり、弟子の中で笑福亭松喬師匠以外には誰も演じていない秘蔵の大ネタ。六代目・笑福亭松鶴師匠の「らくだ」が観たくなった。鶴瓶師匠の落語、これからが愉しみです。「らくだ」にちなんで、内子で仕入れた日本酒を呑んで、相方にからんでみた。
「らくだ」より怖いぜよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »