« 啐啄「弐」。 | トップページ | 懐かしい、におい。 »

2007年11月 3日 (土)

鶴瓶のらくだ@内子座。

鶴瓶といっぱいちう。今夜は待ちに待った『鶴瓶のらくだ』を内子座で愉しんで来ました。縁合ってチケットを手に入れ、縁合って隣に座ったある方のご主人。そんな人間関係ではじまった。鶴瓶師匠の奥様は愛媛県の方で、とても親近感があり、終始笑い、笑いで幕を閉じた。「らくだ」は、鶴瓶師匠の師匠 六代目・笑福亭松鶴師匠(故人)の十八番であり、弟子の中で笑福亭松喬師匠以外には誰も演じていない秘蔵の大ネタ。六代目・笑福亭松鶴師匠の「らくだ」が観たくなった。鶴瓶師匠の落語、これからが愉しみです。「らくだ」にちなんで、内子で仕入れた日本酒を呑んで、相方にからんでみた。
「らくだ」より怖いぜよ。

|

« 啐啄「弐」。 | トップページ | 懐かしい、におい。 »

文化芸術2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501540/17106580

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴瓶のらくだ@内子座。:

« 啐啄「弐」。 | トップページ | 懐かしい、におい。 »