« お柳と、柳の帯。 | トップページ | ごま豆腐、トーフーぅー。 »

2008年8月27日 (水)

最後の蓮茶を愉しむ。

お湯を回しかけたら、ふわっと広がる・・・。中国茶芸、いろいろと習ったが、頭に入らないのはなーんでだ。
この夜は、蓮茶を一碗目にいただき、その後は上海茶芸で、「大佛」、「毛猴」という茶葉をいただいた。蓮の花は、もうそろそろ終わり。淡いピンクが儚さを増し、愛おしい程の蕾。茶盤に蓮の蕾を入れ、倒れないように細工をして、お湯をこの蕾に回しかけると、じわじわっと開く・・・予定でした・・・が、開かなぁーい、白椿が回しかけたら、むしろすぼむ。中では膨らんでいる予感はします。何かいい方法はないかしら・・・。
結局、茶通と言うお道具で開けて煎れました。香が高く、茶葉を入れなくても、お湯だけで薄い香水のよう。

|

« お柳と、柳の帯。 | トップページ | ごま豆腐、トーフーぅー。 »

中国茶を愉しむ」カテゴリの記事

コメント

中国茶。
いい響きです、、、でも難しいですか?覚えられないですか?
あぁこれ以上おけいこ事を増やす訳には、、
あぁぁでもなぜか惹かれる・・・・。

投稿: ももすずめ | 2008年8月28日 (木) 午前 08時25分

●ももさま、こんばんは。
ぜひ、一度、南署近くの中国茶工房「游」さんへ行ってください。
おすすめ!!
何時間でも居られますし、そんなに高くないよ。
それから店主のお話が面白い。着物も似合うお店です。
お稽古じゃなくて、お客様として行ってみて。
家でも作法関係なく楽しめるのが中国茶。
ただ、習っている以上、いろいろ所作をお勉強しております。
一度、ご一緒しましょう!!

投稿: 白椿 | 2008年8月28日 (木) 午後 11時48分

ベトナム料理店で蓮のお茶をいただいたことがあります。
香り高くやさしい味で、
「こんなの毎日飲んでいたらキレイになれるかも~」と思ったものでした。

中国茶も奥が深そうですね。
インド好きなあたしとしては、ついつい濃い紅茶×スパイス&ミルクばかり飲んでいますが、優雅なお作法でアジアん茶を楽しんでみたくなっちゃいました。

投稿: バラ子ラクシュミー | 2008年8月30日 (土) 午後 09時16分

●バラ子さま、こんばんは。
ほんとねぇー、なんか高貴な香がしますよねshine
綺麗にならなくっちゃ・・・。

しししっ。

インドの紅茶も、ルーツは中国福建省。
通じるものがありますね。
紅茶×スパイス&ミルク、おいしそぉー。
クッキーとか、用意して、お茶会したい気分になりました。
おやつかい?と突っ込まないでね。


投稿: 白椿 | 2008年8月30日 (土) 午後 10時09分

白椿さま

妄想でお茶屋を開いています。
(店の名前はチャイハナ)

植民地インド帰り英国人風のインテリアでいくか、おもいきりペルシア×インド風でいくか、迷うところです。
おやつには、クッキーと一緒に花園町ラルキーのサモサもご用意いたしますわ(笑)

投稿: バラ子ラクシュミー | 2008年8月31日 (日) 午前 09時30分

●チャイハナ店主さまへ。

しししっ。
そう、妄想もいいね。
おもいきりペルシア×インド風でよろしこぉー。

投稿: 白椿 | 2008年8月31日 (日) 午後 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501540/42293381

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の蓮茶を愉しむ。:

« お柳と、柳の帯。 | トップページ | ごま豆腐、トーフーぅー。 »