« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

ひめさくら。

新たまねぎが出てるよぉー。『四国酒蔵88箇所巡り』『第七十五番酒蔵札所』『近藤酒造株式会社』さんでお土産に購入したのは「ひめさくら(ひやおろし)」です。今夜、新たまねぎと肉じゃがでいただきましょう!!水色は透明度が高い、かなり透明です。香は青りんご系、花の香もします。味、口の中にトロッときて、うま味の後に辛味がきます。余韻が長いです。濃い味の酒の肴でも合います。
結局、徳島のお土産は父の文太と、叔父に持って行きました。叔父は酒に対して底がありません、父の文太は底があります。白椿も底があります。二日酔いの症状も父の文太と白椿はそろっくりです。アハッ。最近、二日酔いしてませんねぇー。えらい?しししっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

春菊やクレソンなど。

これをかけますよぉー。東温市では、クレソンが自然に取れる場所があります。で、おせっかいな近所のおばちゃんが「クレソンいるけぇー。」とやってくる。ステーキの横に置いたりするんでしょうが・・・うちはお汁。いつもは春菊だけど、クレソンでしちゃいました。魚のすり身があれば買う。白椿は「エソのすり身」しかなかったので、エソにした。すり身に生姜汁少々、塩少々して混ぜ、しばらく放置。余分な汁が出てたら捨てる。コレに、生卵1個と、木綿豆腐を半丁を握りつぶして入れて混ぜる。出汁汁に、スプーンでタネを落としいれ、塩、日本酒、醤油で味付けをして出来上がり。クレソンや春菊の生をお碗にタップリ入れて、それに熱々のお汁とだんごをかけます。おいしいよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロイズ、白州。

ホワイトチョコの生チョコもいいね。バレンタインデーの贈り物は、入院前にネット注文していました。自分用にも・・・『サントリーシングルモルト白州18年』『ロイズ』コラボの生チョコレート。父と叔父にも、コレ。期間限定だったから、もうネットにはありません・・・。やっと今夜、口に出来ます。
開けると、ホワイトチョコベース、滑らかな口溶けとともに、コクがあり、キリッとした余韻が広がります。その余韻の中に『白州18年』を加えたら・・・えーでしょうねぇー!!買いに行ったんよ、酒屋さんに・・・ベビーサイズなかった・・・。デカイのはね・・・数千円しますからぁ~、買えません。家にある『山崎12年』で、愉しんだよぉ。貧乏人の鼻タレ白椿に、乾杯!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

四国酒蔵88箇所、75番。

クリックしたら、黒米の酒造りちう。徳島の帰り『四国酒蔵88箇所巡り』『第七十五番酒蔵札所』『近藤酒造株式会社』さんに伺う。
蔵を案内してくださり、社長が杜氏になったこと、最初は1つのタンクで酒造り、2つ、3つと増えていったことを頼もしくお話される。色白の奥様も、酒造りの重要な役目を担い、ご夫婦で酒造りを頑張っていらっしゃいました。印象的だったのは、黒米の酒造りのこと。水の浸透具合など、いろいろと試行錯誤の結果、おいしいお酒になったそうです。社長さんが幼稚園の頃からいらっしゃる方が右腕となり、今でも蔵人としていらっしゃいました『四国酒蔵88箇所巡り』、とりあえず1年延長されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

躾糸、にぎりしめたら。

帰るまで、待ってたの。仕立てた着物には、縫い目が落ち着くまで、躾糸を付けています。はじめて、着物をおろすとき、この躾糸を切る。糸を切るのは、父親だったり、添い遂げたい男(ひと)だったりします。銀座では、着物を買っていただいたお客様が切るとか。「切る」って、意味があるんですね。
着物の躾糸、袖の糸を片方づつ切ると、幸せになれる、とも言われています。いつも、白椿は相方と切ります。刃を躾糸に差し込んで、パチン。糸と一緒に何かを断ち切った刹那、あなたは何を感じ取る?チュルチュル躾糸を解けば、ピッシャリと合わさった縫い目が落ち着く。他界した母の着物の躾糸を切った時、熱い涙が出たあの時を思い、大切に着ていきたいと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

桂米朝一門会で。

残念ながら、雨でしたの。昨日は祖母と『桂米團治襲名記念・桂米朝一門会』へ行ってきました。会場で『おべんとう作家 尾原ミナ』ちゃんがお声をかけてくださり、久々にお話し。彼女もお着物姿、とても粋な縞模様でカッコイイ小粋なおねえさん風味、とても白い綺麗な歯に、肌に見とれてしまいました。白椿は、大好きなブルーの着物。あッ、落語、らくご。『桂 吉弥』さんのギョロッとした目、面白ぉーい。『桂 南光』さんの独特の声と、軽快な話口調、ずっと話していて欲しいくらい楽しい人ね。そして襲名された『桂 米團治』さん。パンフレットの写真写りが悪かったので、実際お顔を拝見したら「男前」の第一印象。シャレた髪型してるやん、の第二印象。今後のご活躍祈っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

芳水酒造。

この下に大きなタンクがあります。徳島県であった『四国酒まつり』、続いてはバス移動して、『芳水酒造』さんへ。こちらは、きちんと蔵人さんが蔵の中を案内してくださり、麴室から、酒母室、仕込みタンクの上まで見せていただきました。きちんと、カラーで写真入りの「お酒ができるまで」を印刷してくださっており、とても分かりやすかったです。蔵人さんは若い方で、なんと、杜氏さん以外は、平均年齢が33才らしい。若さが魅力の蔵と、ホームページにも書いてありますから、間違いない。しししっ。
帰りに、バスツアーのメンバーが仕込み水を一升瓶一杯いただいたみたいで、帰りの「やわらぎ水」にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三芳菊酒造。

お猪口がかわいかったな。徳島県であった『四国酒まつり』、続いても徒歩で数分、『三芳菊酒造』さんへ。蔵の入り口には「武家門」とあります。「武家門」だけに、とても狭い入り口でしたが、中に入ると庭があり、そちらで試飲をしています。甘酒もありましたよ。(白椿、甘酒はちょっと苦手、生姜バリ効かせていただくと飲める。)蔵の中にも自由に入れましたが、白椿には入り口が目に入りませんでした。2階には「山田錦垂れ口」が振舞われていたそうです。一緒に参加したメンバーに教えてもらい、白椿が2階に上がったときには、売り切れぇ。こちらでも蔵を出るときに、180mlの酒蔵開放記念と印刷の入ったお酒を手土産にいただきました。手土産も、買った土産も、重い重い・・・すでに必死。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今小町、蔵開きへ。

ついでいただきましょ、しぼりたて。徳島県であった『四国酒まつり』に合わせ、蔵開きされている蔵がありました。まずは、酒まつり会場から徒歩で行ける距離にある『今小町』さん。蔵の中へ入ると、しぼりたてのお酒を振舞っていました。蔵の中でいただくと、ほんと、おいしい。杜氏さんも気さくにお話される方で、優しさが顔ににじみ出ているような方でした。蔵の中を自由にご覧ください状態で、ちょっと遠慮しないといけないくらいオープンな蔵。お土産には、蔵の中でいただいた『本醸造しぼりたて生原酒』を買うが、自分用か文太用かまだ決められない・・・。蔵出口で全員に手土産(ワンカップ)をいただきました。『四国酒まつり』に、池田、井川から5蔵、他徳島県から9蔵出品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

四国酒まつり。

会場は、こんな感じです。本日、徳島県『四国酒まつり』へ行ってきました。JR企画、愛媛県だけ無かったんです・・・。愛媛の方々は各自でバスツアー企画してもらった、計15名参加。お猪口を入り口で渡され、四国のお酒を試飲出来ます。利酒コーナーもあって、4問中、3問正解した白椿は、カップ酒をもらいました。バスツアーは女子率が80%でしたが、現地に着くと、圧倒的に男子率高し!!それも、若くない・・・。残念だったのは、お料理系がダメダメだったこと。やはり、うまい酒には、うまいもんでしょ!!広島酒まつりを知ってしまったら・・・残念。知らなかった徳島の地酒を愉しめ、蔵にも廻れたことは、良かった!!また後日upするね。よく飲んだ一日でした。アハッ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

あっさり、梅胡瓜。

今ね、梅干が一番おいしいのです。仕事帰りに寄ったスーパーで、胡瓜が5本で198円でした。帰宅後に、胡瓜の皮をピーラーでむいて、先っぽを塩が入るように上下切って、塩振って、まな板の上でコロコロと転がし、すりこぎで、ドンドンと叩き潰し、ナイロン袋に、手でポキポキと折りいれた胡瓜に、寿司酢、青シソドレッシング、味の素、梅肉(梅干包丁でたたいてね)、とろろ昆布(塩昆布でもいいよね)を入れて、モミモミし、しばらく放置。
30分ぐらいしたらしみます。最後に盛り付けて生姜をのっけたら簡単浅漬け。夏場はもっとおいしいよね。今夜は、あっさり梅胡瓜で一杯いかが?。
胡瓜大好きなんだけど、冬場は高い。今日は、安かった!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

体調と味覚の実感。

今ね、梅干が一番おいしいのです。退院後、何度かアルコールを口にしましたが、おいしいと感じませんでした。本日、新鮮な烏賊があったので、一杯やってみっかねぇーと、帰宅後、梅と和えた。
なぜか「ぬる熱」にしたくてね、キュッと一杯いただいたら・・・「うめぇ。」これで体調、まずまずと判断。続いて同じ地酒を「冷」で。「これも、うめぇ。」まだ味覚は不確かだけど、おいしいものはおいしいと感じられる幸せです。なぜかね、妊娠でもないのに、梅干がおいしいんです。それも、スッパイ梅。梅干って、最近はコンビニでも少量売っているけれど、薄味とか、蜂蜜入りとか、甘口が多いのが気に入らねぇ。梅干しはね、スッパイのがいい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

ミートスパゲッティー。

クレソンのお味噌汁。退院後、翌日から仕事復帰していますが、初日はミートソースが食べたくって、お鍋にニンニクとオイル、玉ねぎのみじん切り、合いびき肉を炒めて、赤ワインで煮立たせて、レトルトのミートを加えた、簡単ミートソースにした。いただいたクレソンがたくさんあったので、クレソンのお味噌汁にして、生姜をすってのっけてみました。
食欲出てきたかって?へへっ、まだ・・・肉類はNG。今夜は相方にと、肉うどん作っている最中に、ムカッときた。でもね、昨夜買ってたマリネが酸っぱくって食べられた。そしてね、甘いものは別腹なんかなぁー、もも缶と、いただいたプリンも1つペロリン。後、栄養ドリンク飲んでます。体重増えた…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘロヘロやねん。

絞りたてのみかんジュースいただいちゃった。先週金曜は術後一番にと愉しみにしていた愛媛の誇れる尾原ミナちゃんがゲスト出演する『クゥカン研究所4』に行くつもりだった・・・祖母がね、下痢ピーになって、体調不良。病み上がりの白椿が仕事休んで通院させ、金曜夜ばぁちゃんちに泊まり、介抱。血糖値を度々測らないとヤバイが、本当にやばかった、28までダウン。ぶどう糖でしのぎ、翌日土曜だったけど、電話して通院したら良くなった。土曜夜から、白椿も身体がダルくなったて、アパートへ帰宅。相方が帰ってくるけど、なーんにもする気ない。そしたらゲロゲロ、ピーピーで、土日はヘロヘロ。相方にもうつして2人でピーピーどんどん。2人並んで点滴したよ。仲いい?体重減ったかが一番の楽しみ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

帰宅後に一杯は。

全て、おいしかった♪。13時退院で、アパートまで父の文太に送ってもらい、最初にしたのは、おいしい珈琲を挽いたこと。いぃ香。珈琲を挽くと、どうしてこんなにいい香なの?たくさんの方にいただいた、スイーツと共に、ゆっくりとした午後・・・と思っていたら。甥っ子がお見舞いに。お見舞いなんかじゃないんよね、一緒にいたいだけなんよねぇー。ママは姪っ子にプール熱をうつされダウン、パパ仕事。で、病み上がりの白椿んちに来た訳。
重い物は出血する可能性があるので、1週間は持たないようにと言われているから、静かにDVD。治療は、2週間後に診察して、今後の治療をすすめていく。検診って、大切だなぁと痛感したよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いい部屋だね。

腕には、御守りのブレス。退院と申しましても・・・1泊2日。前日21時から絶飲食。お腹グーグー。問診後点滴し、午後から軽い麻酔をおしりに打ち、その後、紙の着衣に着替え、手術室へストレッチャーで移動。手術室へ入るまでに、ぐるぐるとお腹じゃなく目が回る。手術台に移動して、心電図、血圧計、パルスオシメーター等などを装着したら、鼻口用の酸素マスクを付けられ、3呼吸目ぐらいに、苦い味がしてからは記憶なし・・・これが全身麻酔なのかぁ。
「白椿さん、終わりましたよ。」と肩を叩かれて気が付き、うちの叔父に「あんた誰?」と暴言吐いたらしい。
患部の痛みより、頭痛と吐き気で大変でした。今朝は快調でーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

さよなら・・・。

クリックで、後悔するかもよー。土日は旅をした。大分から、“ちゃま(男の子)”が来松、親友ピーター(女の子)と、じゃじゃ馬Tちゃん(女の子)、天然夫婦の男2名、女4名。なんと言っても思い出の『梅津寺パーク』が、3月15日で閉館するんだから、今一度!!と遠く大分から来松。しししっ。笑うところじゃないよ。
でね、ジェットコースターに乗った・・・。なめてたね、梅津寺のジェットコースター!!しょぼいと思っているやろ?乗ってみー、乗ってみぃー。目が白目になって、気がとぉーくなるよ。なめてたね・・・完全に。その後、ゴーカート、パットパットゴルフ、愉しんだよ。2月下旬には「さよならイベント」計画ちうらしい。職員さんも、個性的で・・・楽しめます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

新鮮なさより。

天ぷらは揚げたてが一番やね。親しくしていただいている『石の上にも三年』さんより、生きのいい「さより」をいただきました。それも、たぁーくさん、大漁でした。しししっ。
お刺身もいいんだけど・・・白椿、さばくのヘタクソです。なので、天ぷらにしました。揚げたて、サクサクが最高やね。塩でもいいし、梅肉でもいいし、天つゆでもいいね。今夜は天つゆ、大根おろしに、おろし生姜でいただきました。うぁー、ホックホク。帰宅してさばいた甲斐がありました。うまいです。明日から、しばらく更新出来ませんので、急いでupしました。土日はね、大分から友がやってくるので、楽しんでまぁーす。相方、超機嫌悪い・・・白椿がパソコンに熱中してるからやろね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

御守りだよ、椿の。

クリックで、紙袋オープン!!。愛媛県松山市にある伊豫豆比古命神社は、伊予路に春を呼ぶまつりと言われています。先週は、その『椿まつり』。商売繁盛としても有名。弟夫婦が日曜に出かけたらしく、御守り買ってきてくれた。ほんと、祭りが好きな男じゃ。今回は喧嘩しないで帰宅した様子。弟嫁、なぜか夜会巻き。
続々と届く御守りを、どこに付けようか・・・肌身離さずと申しましても、限度がございまして、いつも持ち歩くポーチに忍ばせたり、車のキーと一緒にしたり。枕カバーの中に入れる手ぬぐいタイプまで。
そそ、父の文太、本日ゴルフで3位、超ご機嫌。夕飯、汁物にとっても喜ぶ文太。父宅、線香の匂い、毎朝晩、チーンしてる、ちょっと泣けたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

「育子の酒」という酒。

宇和海産のハギの煮付けだよ。本日の地酒は『森の翠 育子の酒』。香は青リンゴ、鼻を近づける位置をお猪口の上からじゃなく、飲み口よりやや下に持ってくると、良く香る。口に含むと、とろみを感じる程の旨み、優しい甘さも少し感じ、舌に辛味も酸味も感じる。新酒の品評会でも感じましたが、独特の苔のような森の味と申しますか・・・そんな味がする、森の翠だけに。日本酒って不思議、温度や器、これはワインでも愉しめるけれど、「雪冷え」から「飛びきり燗」まで愉しめるってのは日本酒だけ。
今夜の酒の肴は、小ハギの煮付け、一緒にユリネと木綿豆腐を煮た。
ねえ、皆は睡眠時間って何時間?白椿は6時間。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

道後のおすすめコース。

伊佐爾波神社、時間ないから下から拝む。日曜のお昼は、皆はホテルで昼食会。白椿は一人ぬけて道後散策、『水口酒造』さんの『にきたつ庵』で、お一人様カウンター席にて桶料理。道後のお勧めはね、『道後温泉』の3階にある「霊の湯」 個室で、ゆっくりとくつろぎ、立ち風呂をし、坊ちゃん団子とお茶を味わったら、丁度道後温泉前にある『道後麦酒館』で、地ビールを一杯。喉が潤ったら、地酒で一杯。これが最高でございます。以前に相方と過ごしたコースですが、宿を取らないのに旅に来た気分。
伊佐爾波神社の階段を見上げ『がんばっていきまっしょい』を思い出す、相方も、ここの高校の男子ボート部、現在45才のおっさん。キャッチ・ロー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨーグルトレーズン。

今夜は、バランタインにしましょ、一緒にいかが?。誕生日に親友ピーターが『ローヤル』『バランタイン』『ヒプノティック』のミニボトルをくれた。かわいいね、小さいと。知り合いにね、「ヨーグルトレーズン」の小袋をいただいた。11粒入ってたよ。基本的に白椿はドライフルーツ苦手だから、こんなの買わなかった。干し柿とか、干しぶどうとか・・・素では無理。でも、このヨーグルトレーズン、ヨーグルトホワイトチョコでレーズンをコーティングしているので、おいしくいただけました。
スコッチウイスキーは好きです。いつも白椿はオン・ザ・ロック。ニート(ストレート)という手もあるが・・・氷の音がいいし、氷が溶けてく時間って、素敵じゃない?、一人で愉しむ、とてもいい時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

香煎席として、中国茶。

こちら今回のお茶席はこれ、クリックしたら店内の雰囲気。本日の茶会は中国茶の師匠が主にされました。煎茶の先生でもある師匠が、香煎席として中国茶をということで、白椿たち、不真面目な生徒が寄った。煎茶の先生方が勢ぞろいで・・・緊張しました。
白椿が通っているお教室は『中国茶工房 游』。このお店の2階で月2回のお教室。お店も雰囲気が良く、居心地が良いです。「茶の虫」ランチがおすすめです。昨日、本日の練習に、店に伺いましたが・・・練習にならず、お茶をいただいて帰ったという感じに終わっていましたので、今回のお茶会は、練習不足・・・。お手前はいいんだけど・・・説明が苦手。小さい絵をクリックしたら、店内の風景ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟の根付、デブー。

帯周り、大きく見えるかしら?。冬の朝が早い着付けはダメだなぁー、自然光が入らないから暗い・・・。いつも着物を着付けるのは、寝室なの。なんでかってね、もろもろをベッドの上に並べて着るのが一番楽チンなんです。帯留は竹姐さんちの『髑髏蜘蛛』(おしりが髑髏です)にして、朱の帯留はお色直しとして、中国茶を煎れる時間に前に回します。
根付は誕生日に『弟夫婦からもらった根付』にしました。龍も中国っぽくって良かった。髪結いは、トモ美容室にお願いして、チャチャッと15分くらいで結ってくれました。写真、朝は真っ暗だったから、帰宅して撮った。大きな写真の方、袖から長襦袢チラッと出てますが、白椿手縫いの柳に蝙蝠です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帯留の愉しみ。

うーん、悩むなぁー。今年はじめての着物。前々日ぐらいから準備。半衿を付け、アイロンしたり。着物と帯、帯揚げを決め、帯締め、帯留選び。白椿は中国茶を香煎会として煎れさせていただきますので、特にシキタリもない。中国茶だけに異国情緒のある江戸更紗と、中国の汕頭(すわとう)刺繍のエジプト帯の予定。中国ではお正月ですので、めでたい赤の色の帯留もいいし・・・竹姐さんちの『髑髏蜘蛛』(おしりが髑髏です)も捨てがたい・・・。
B型だから、思ったよりもパパッと決まります。2種類にしぼったら、お色直し帯留にして、帯締めに2個の帯留を通して、帯の後ろに忍ばせます。で、ここぞというときに、入れ替えるんです。これ、お色直し帯留ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »