« ニセくら・・・。 | トップページ | 千代の亀、純米大吟醸ふなくち。 »

2010年4月 3日 (土)

木の芽和えは、今だね。

新筍、タコ、ウドの木の芽和え。筍が続々と届きます!ヌカで湯がいて、若い筍の柔らかさ、白さにうっとりの季節。丁度、木の芽もあり、タコとウドとで贅沢な春のヌタです。作者は祖母。感動します・・・ウドのフルーティーさ、木の芽時にはタコの足がのびるおいしい時期。地ダコはちょいと高いけれど・・・。白味噌と酢を合わせて酒の肴の完成です。『千代の亀』さんの『蔵開き』限定で販売していた「HARUGASUMI」というお酒が、この夜で最後でした。堪能しました。春はおいしい食べ物がたくさん。新キャベツ、新タマネギ、新じゃが。この時期だからこそという料理が愉しみです。昔、じいちゃんがタコの卵を炊いてくれ、米粒のようなの卵を、ちまちま食べて、おいしいと思ったのが懐かしい。

|

« ニセくら・・・。 | トップページ | 千代の亀、純米大吟醸ふなくち。 »

ばーちゃんの料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501540/47988363

この記事へのトラックバック一覧です: 木の芽和えは、今だね。:

« ニセくら・・・。 | トップページ | 千代の亀、純米大吟醸ふなくち。 »