« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

ジャズで遊ぼう♪

クリックしたら、道後サイダー。土曜夜は『新・道後寄席』。第4夜は『岩浪洋三』さんの“ジャズで遊ぼう”でした。ヴォーカルは『浩子ウィリアムス』さん、ピアノは松山の誇れる『栗田敬子』さん。岩浪氏の訳もあり、普段なーんとなく聞いているJazzの歴史も聞け、とても贅沢な夜。ヘレン・メリルが流行らせた『You'd Be So Nice To Come Home To』を栗田敬子さんが唄ってくれました。白椿が大好きな曲。数年、携帯の着メロにしてます。しししっ。
お土産は『水口酒造』さんの『道後サイダー』のみ比べセットでした。
女3名で、ジャズを愉しんだ後は『千代の亀』さんのお酒がある『夢の家』さんで乾杯。あぁぁ食べて、飲みました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

ひめさくら「無ろ過特別純米生原酒」。

今夜も山うにとうふ。今夜は『名田酒店さまで仕入れた「ひめさくら」無ろ過特別純米生原酒』で一人晩酌♪相方は3日続けて夜勤。
水色はやや濃い黄金色。香りはみかんの花の香りのよう。ミルキーな香りもして、いい香り。口に含むと飲み込むまでもなく、舌が旨味を感じ、口に広げると、ポップコーンのように香ばしい、喉を通るとき、少し辛味を感じますが、全体的に甘口です。酒の肴は、相方の夕飯作りがないので、『山うにとうふ』に、炙ったちくわ、生姜の酢漬け。三杯目は日向燗。白椿は、祖母宅で1回夕飯を作り、相方用にもう1回。だから、1回の調理で終わった日は、めちゃ、得した気分。この3日間で手アレを改善したいなぁー。無理か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いよ翁」さま、いよいよです。

昨夜、『いよ翁』さまの、打ち初めでした。『いよ翁』の店主を務める笘居(とまい)さまの、師匠である『高橋邦弘』名人がいらしての、打ち初め。伺ったのが18時、外は真っ暗。その中に、大きな窓から暖かい光が見えます。遠目から拝見しても、「木」の佇まいがうかがえる。
店内に入ると、木の香りがいい。日本独特の雰囲気を持ちつつ、モダン。スッキリした中に暖かい光。広い窓ガラスに映る人々までが絵になる。昼間の雰囲気もいいだろうなぁ~っ。いよいよ、オープンは11月19日(金曜)11時から。
蕎麦を打つ姿が、表の小窓から拝見出来ます。一つの絵になる。本当は写真撮りたかったのですが、大切なお客様が、たくさんいらしていたので、ちょっとだけ撮りました。いつも愛用させていただいている『しゃん珈琲』さまの写真がキレイですので、ご参考になさってください。まず蕎麦を愉しみに行かれてください。周りは田んぼがある、ホッとする場所です。次回はカウンターがいいな♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

豆腐チーズと日本心。

山うにとうふとは、ちょっとだけ違う。『山うにとうふ』のお店の『豆腐ちーず』『山うにとうふ』より、味噌が中に浸透している感じ。どちらかと言えば、山うにとうふの方が好み。味は良く似ています。いずれも、日本酒との相性抜群。トーストにぬって召し上がっても、ごはんの上にのっけても、パスタに和えてもおいしいらしいです。
週明け、甥っ子が発熱でバタバタしたが、回復。インフルエンザ予防接種も祖母と共に受け、この冬に備えたら、白椿だけ腕が腫れて痛い。
久し振りの映画『悪人』を観たのは日曜のこと。「善人」と思われている人は、本当に「善人」なのか?「悪人」と思われている人の周りを、よーくみないとね。久し振りの映画、いいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

山うに豆腐。

こりゃ、やみつきです・・・。以前『名田酒店さま主催、日本酒の会』でご馳走になった『山うにとうふ』、お取り寄せしました。酒の肴には最高。ちびちびと、爪楊枝でつっつくようにいただくだけでも、塩気があり、コクがあり、まろやかで・・・日本酒との相性が抜群に良い。ぜひ、日本酒好きの方に紹介しよっ♪
『山うにとうふ』との相性がよい、『武田酒造』さんの『日本心 山廃仕込 無濾過生原酒』。水色は濃い黄金色、香りは、旨味成分がハッキリと分かり、イメージ的にはすずらんのよう。口に含むと舌をコロコロしなくとも、じわぁーっと、熟した旨味が広がるんですよぉー♪無ろ過ファンには、たまらん。相方には鯵紫蘇巻き揚げを作ったから、『山うにとうふ』はあげない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

集うよ、4P。

クリックしたら、クリーム♪。土曜、久し振りにいつもの4Pで集う。この日、快気祝と誕生祝のW祝。メインの友が怪我をしてしまってたのですが、無事にお祝いできました。行く前に相方と『ひぎりやき』をパクつきました。焼きたてのクリームは最高!
いつもの秘密の場所で4P会。ご馳走になったのは、みぞれ鍋。なんと、大根2本もすりおろしてくれていました。お酒も、お料理も、お話も、全ておいしゅうございました。大根効果か、たくさん食べて飲んだのに、二日酔いも、胃もたれもありませんでした。今度、うちでも、みぞれ鍋してみよ。
それぞれの人生、それぞれの仕事、それぞれの生活、いろいろなメンバーだから、面白い。かなりザックリしたメンバーです。しししっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

作ったら、うまかった♪

巾着のふくめ煮と名づけたのよ。近所の世話焼きばぁーさんの娘さんが作ったという一品、作り方を想像して作ってみた♪。
水煮筍、人参、キクラゲ(干しシイタケも入っていたらしいですが、入れなかった。)をフライパンで炒め煮、日本酒、みりん、砂糖、醤油で少し煮る。お揚げの中に、生卵を割りいれ、先程の具を投入し爪楊枝で止める。うどん出汁より、うんと甘目の出汁をこしらえて、温まった出汁に巾着を入れる。食べる時は、お汁をすすりながらいただくと最高!
中の卵は出汁を沸かしたのに半熟。『栄光酒造』さんの「しずく取り生酒 酒仙栄光大吟醸35」は、マツタケからふくめ煮まで、かなり両手に花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

マツタケ、韓国だけど。

贅沢だよねぇーっ。近所の世話焼きばぁーさんに、韓国のマツタケをいただいた。前にも書いたけど、昭和のばぁーさんだ。マツタケをいただく前に「筍くれや!」とやって来た。「水煮と冷凍があるけど?」と言うと「水煮をくれや。」
数時間後には、韓国マツタケと、お揚げの巾着ふくめ煮を持ってきた。この昭和のばぁーさんは作りません。このばぁーさんの娘が料理好き。とっても、おいしいふくめ煮でした。こんな近所付き合い、今は無いんでしょうね。
『栄光酒造』さんの「しずく取り生酒 酒仙 栄光 大吟醸35」も、ご馳走によろこんでいます。今年はマツタケ豊作らしいですね。焼きマツタケが一番スキ。買うとなると、豊作でも高価。さてさて、今年の食べおさめか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

烏賊が届いたら。

烏賊のお刺身、おふたつ。親友から、まだ吸盤が手に吸い付く烏賊をいただきました。忙しくてupする間がなかった・・・数日前の写真です。お刺身にこしらえるのに、キュッと手に吸い付くんですよ。冷蔵庫に大切にしまってあった。『栄光酒造』さんの「しずく取り生酒 酒仙 栄光 大吟醸35」と共にいただきました。
水色はやや黄色、香りは乳香がして、よだれが出てくる旨味の香り♪期待しちゃうー!という香り。少し柿が熟したような香りもします。口に含むと、ジューシーな青りんごの香りが広がり、旨味が口の隅々まで行き届く。喉越しは辛味を感じます。スキやねぇーっ。
烏賊、ひとつはお造り、もう1つは、さっと湯をかけて甘味を愉しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

根付とポチ袋。

クリックしたら、根付。縁起の良いポチ袋を買いました。酒会などに参加すると、はだかで会費を支払うのは、ちょっと・・・いつもポチ袋に入れます。『はし本』さんのもの。もう、お年玉袋も出ていました。来年の干支は「うさぎ」。かわいらしいお年玉袋出ていましたよ。スキな柄はお早めにね♪。
さて、もう1つは根付。『はんなり』さんで注文。意外とお手ごろ価格。甥っ子は「あ!水戸黄門!ええなぇーっ。」。「この紋所が目に入らぬか!」ではありませんが・・・うらやましがられた。中に正露丸でも入れておきましょうか?11月3日文化の日に、着物で出かけようかなぁ~っ。その時にデブーさせよ。その日は何事もなく、着物が着られますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三蔵合同の「日本酒の会」

たくさんの種類が整頓できるシート。日曜13時から『名田酒店さま主催、日本酒の会』へ。とても愉しみな会。『栄光酒造』さん、『梅美人酒造』さん、『武田酒造』さんの三蔵。
各蔵『名田酒店』さんおすすめ「無ろ過」の出品。「無ろ過」の日本酒を販売店さんで求めるのは難しいですが、こちら『名田酒店』さんでは、いつもお求めいただけます。どの蔵も、それぞれの個性があり、白椿好みのどっしりした、まったりした、こくのあるお酒に仕上がっています。うに豆腐との相性が抜群!うに豆腐、お取り寄せしよっと♪。
ほんと、贅沢な会。1蔵でも贅沢なんですよ、それも3蔵。もう幸せでした♪。ホットな話題も入手、刺激を受けて幸せになろっと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

久し振りに、珈琲豆。

クリックしたら、いただいた布巾と珈琲豆。久し振りに『しゃん珈琲』さんへ。いつも瓶を持参して豆を買いに行きます。エコ割をしてくださいます。久し振りに伺うと、立ち飲み用のテーブルに模様替えをされていました。白椿は『蔵元屋』さんで、立ち飲みスタイルは慣れています。それから、椅子に座っちゃうと、なかなか隣の方とお話しませんが、立ち飲みスタイルだと、自然と知らないお隣の方ともおしゃべりが出来ます。立ち飲みスタイルだと、ついつい飲まないと!と思い、店内でいただける「エスプレッソ」をたのみました。お砂糖をスプーンに軽く一杯入れました。こっくりとしていて、飲む毎に甘さが変化し、面白い。次回はカプチーノもたのみたいな♪カップも楽しみ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには、百貨店。

ロリータでなく、ロシータです。土曜午後休は、ばぁちゃんと甥っ子と『いよてつ高島屋』へ。目的は白椿の秋冬用の服とか靴とか・・・見に行く。祖母も洋服。甥っ子はカード。いつもは混雑している駐車場、まぁまぁ空いていました。
一通り買い物して、疲れたら、地下にある「ロシータ」へ。生ジュースを各自が注文。祖母は巨峰、甥っ子はピーチがなくなったので、ベリーベリーヨーグルトに変更。白椿はレモン。レモン、すぃーーーーぃ!。
一番、巨峰がおいしかったです・・・。
欲しい指輪があったんだけどね・・・あきらめた。あきらめた。あきめたぁー!相方に、ボソッとつぶやてみたけれど、「ふぅーん。」と聞き流したぞっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

たる酒@賀茂泉。

枡になみなみと注ぎいれて。『広島西条酒まつり』の自分土産は『賀茂泉』さんの「たる酒」。杉の香りがほんのりと移り、口あたりがいいお酒になっています。
土日とややお疲れモードでしたので、簡単な夕ご飯。いただいた大野ヶ原の甘い大根と、豚バラ肉の照り煮にしました。
「たる酒」は『賀茂泉』さんの枡でいただきます。枡でのむと、空気を含み、おいしそうな音もして、ついつい飲んでしまいます。とは言うものの、この瓶は300cc飲みきりサイズ。空き瓶を酒まつりに持参すると200円引きをしてくれます。今年はお友達が瓶を2個持って来てくれたので、1瓶拝借。新しい瓶に入れてくれますから衛生面は大丈夫です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

蕎麦をすすりたくなる。

クリックしたら、名人です。『広島西条酒まつり』、午後2時を過ぎ、『翁達磨 高橋邦弘』名人が蕎麦を打つ『賀茂泉』さんへ戻る。お腹が空いてたら2枚いただきたいところですが、かなり路上で「おつまみ」をいただいたので、心残りの1枚。酒まつりは、ほぼ、徒歩です。普段あまり歩かない愛媛県人にとっては、足が棒になる。蕎麦をいただく間、座ったって感じ。
やはり、蕎麦はいいものですね。出汁のいい香りが蔵中に広がっていました。蕎麦湯で、自分好みの濃さにして、お吸い物をすする感じのひととき、「あぁ~っ。」と何度言ったことでしょう。今年も格別にうまかった!
広島西条酒まつり、また来年まで、さようならぁーっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

牡蠣が大きい!

クリックしたらでっかい焼き牡蠣。『広島西条酒まつり』、続いては一番遠い『賀茂輝酒造』さん。こちらはお琴や尺八が聞こえる品のある蔵。まず枡酒をいただきます。やっぱりおいしいねぇーと話しながら、牡蠣が大きい『山陽鶴酒造』さんへ移動。焼けるのを待っている間、暑ぅーっ。焼きたて牡蠣を休憩所で頬張ります。ほんと、頬張るって感じ!大きい。別のお店の牡蠣もいただいたが、こちらが一番。
今年はなんてて、暑かった。色白の方は日焼けしたそうです。白椿は日焼けしなかった・・・黒くなったんだろうけど、元々が地黒だから気が付かない。時折吹く風は、秋風で日陰は確かに涼しい。だけど、陰がないところは、めちゃめちゃ暑かった!日焼けで赤く熱ってみたい・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

念願のお二つぅ~っ。

クリックしたら「亀齢」の酒ソフトクリーム。『広島西条酒まつり』には、甘いものもたくさん。『亀齢酒造』さんには酒ソフトクリームがあります。絵をクリックしてね。少し黄色がかったソフト。甘さが落ち着くぅーっ。ペロリと一人1個食べられます。しししっ。それから「塩キュウリ」です。前回は午前中にもかかわらず、売り切れた「塩キュウリ」今年は、あるある。ボリボリとがしりながら、有料試飲のお酒を片手に次の蔵へと歩きます。が・・・、が!今年の「塩キュウリ」は塩がききすぎぃーっ。塩辛い!喉が渇けばお酒飲めばいいってもんじゃないくらい塩辛かったぜ!。
老若男女、犬、外国の方々、千鳥足の人、イチャツク人、いろいろとすれ違いました。酒祭りは肩掛けバッグが必需品よ♪片手に枡、片手にアテ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広島西条「酒まつり」2010。

クリックしたら名物「竹酒」の大きい筒です。日曜は、毎年連れて行ってもらえる『広島西条酒まつり』に。まずは『翁達磨 高橋邦弘』名人が蕎麦を打つ『賀茂泉』さんからスタート。朝9時半ごろから16時すぎまで、お酒やお料理をいただきました。毎年すごいなぁーと思う人数ですが、今年は前日雨のため、二日目の日曜に集中した。こちらは「竹酒」。青竹の中をお酒がくぐり、無造作に切られた大きな青竹杯でぐびっといただく。竹の香りがいい。少し冷たいお酒が喉を潤します。おつまみは、道端いたるところにありる。牡蠣、チーズ燻製、焼き味噌、焼き鳥、焼き豚、塩キュウリ、お好み焼き、チヂミ、胃袋1つだから吟味しないと満腹。昼間にいただくお酒ってね、知らない間に酔いがさめる気がするぅ~っ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年10月 8日 (金)

懐かしい「でんぷん」へ。

クリックしたらね、カキのグラタン。今夜は久し振りに相方と外食。『でんぷん』に行きました。『でんぷん』は、お付き合いして間もない頃、松山市中心街にあった時に二人でパエリアをただきに行きました。懐かしい!場所を移転して、バスのようなお店になりました。相方はでんぷんの1050円コース、白椿は単品で牡蠣グラタンと、牛たたき。日本酒もあるようになってたので注文しましたが、ミニボトルをきらしているとか。生ビールと米焼酎をいただきました。後で、蟹クリームコロッケをいただきました。次回は、ハマグリのガーリックをいただきたいな♪
帰宅後に、お供えしていた林檎を相方がむいてくれたので、二人でかじったよ。甘い、優しい味でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

新潟 雪中貯蔵酒「越しの初梅」。

簡単にホタテのたらこマヨネーズ和え。酒友Nさんが新潟『高の井酒造株式会社 越しの初梅』をお土産にくださいました。新潟のお酒は古い方が好まれるようです。白椿は古酒でないかぎりは、新しいお酒を選んでしまいます。水色は、やや緑色。香りはさほど強くなく、ほのかに香る程度。口に含むと、サラッとしたうま味が舌に広がるまでに、辛味が強く感じられます。やはり、愛媛の酒とはちがい、辛味が苦いぐらい。パンチのきいた食事との取り合わせは抜群ですね。二杯目は少し熱めの燗にしました。燗につけると、意外や意外、甘く感じます。
昨夜の酒の肴は、ボイルホタテのたらこマヨネーズ和え。めちゃめちゃ簡単で、濃厚。ケーパーが味噌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

無理から起きました。

クリックしたら、かわいらい顔。この数日間は、なんだったんだろう。相方のお母様が亡くなり、お通夜、お葬式。明日から仕事だという月曜午前2時50分に仕事の緊急通報が入り、利用者さん宅へ走る・・・。トドメでした、この緊急が。皆様はお元気?
さて、週明けも忙しいですよぉ。相方も、法要が落ち着いたら寂しさがこみ上げてくるでしょう。息子にとって母親っていうのは、すごい存在なんですよね。いろいろとお母様から聞きたかったなぁ。あっ、うちの甥っ子父子家庭です。お父さんの絵を描いてくれた。足に黒い豆みたいなのがあるから、「これ、なに?」と聞くと「くるぶし。」と答えた・・・。じいちゃんの絵も描いてくれたが、これにも「くるぶし」がある。子供の見え方って、面白ね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

ほろよいフェスタ10。

クリックしたら、少し雰囲気。10月1日は「日本酒の日」「珈琲の日」、どちらも大好きです。松山市では『ほろよいフェスタ10』が開催されました。お天気が心配されましたが、日本酒飲みたい!ってキモチが強かったのか、無事開催されました。お猪口とやわらぎ水を持参で、ほぼ全蔵廻れました。
今回は椅子に座って飲食できるようになっていたので、不自由なく愉しめました。蔵によっては、燗にしてくれるところもあり、飲み比べがおもしろかった。また、リキュール類を扱っている蔵は、デザート酒が愉しめ、女性には大人気。氷まで準備くださり、頭が下がります。蔵のセンスが感じられるいいチャンスです。蔵開きのお手伝いをさせていただいて、とても勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »