« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

千代の亀、吟醸「あらばしり」2011。

やっぱ、吟醸かなぁ~?。3月上旬に『千代の亀 亀岡酒造さま蔵見学』に行ったときに仕入れていた『槽無垢(ふなむく)あらばしり』の吟醸。
そろそろ「ぬた」の季節。白椿、大好物。わけぎの白い部分が大スキぃーっ!!甘くて、食感も良く、スキッ。烏賊やタコがなくったって、かまぼこ(練り物)があれば、十分おいしい「ぬた」になる。甥っ子も大スキなんです。「これって大人の味?」と聞きます。「うん、大人の味よ!!。」と言うと喜びます。
職場では震災の影響で経腸栄養剤『エンシュアリキッド』が入らない状況です。製造している工場が宮城県仙台市。どうにか西日本で製造出来ないのかな?単純な考えですが・・・。震災地にもエンシュアは必要不可欠。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

千代の亀「あらばしり」3種。

小さな蔵の手作りな蔵開き。3月上旬に『千代の亀 亀岡酒造さま蔵見学』に行ったときに仕入れていた『槽無垢(ふなむく)あらばしり 吟醸、純米吟醸、純米大吟醸』です。なんと、4合瓶を3本もさげて帰ったんですよ!!根性でしょ!!。
酒の肴は『bonne nuit, mon puce!』さまで見かけた、鶏とセロリのサラダ。これ、シャキシャキとして、ヨーグルトが入っているので、意外とペロッと食べらます。セロリは2本買ったんだけど、もっとたくさん入ってもOK。セロリ3本あるといいよ!!ほんと、つい食べてしまう、サラダです。サラダと言っても、結構ボリュームもありますから、メインになるぐらいのサラダです。冷蔵庫に3本あった『槽無垢(ふなむく)あらばしり』後、純米大吟醸が少し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キモチを、たっぷり注ぎました。

クリックしたら、黒真珠のピアス。大震災からしばらく、ブログ書く気持ちになれず、義援金や救援物資を送っても、まだまだ微力。なんとも言えない不安感、無力感。アパートのポストをいつものように開けると、大きな包みが入ってた。『おべんとう作家の尾原聖名ちゃん』から!!何だろ?開けてみるとお酒の入浴剤。人の気持ちにふれた刹那、出来ることをコツコツ続けると、いつかこうして、キモチが届くかな?と思えた。早速、浴槽に湯をはり、トプトプ注ぐと、飲みてぇーっ!!というキモチより、あったかいキモチに包まれた。ありがとう、聖名ちゃん。
もう1つは、祖母が愛用していた黒真珠のイヤリングをピアスにしてくれた。ツヤッツヤの黒光り、大好物です!!しししっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

千代の亀2011蔵開き。

小さな蔵の手作りな蔵開き。日曜は『千代の亀 亀岡酒造』さまの『蔵開き』『亀岡酒造』さまを応援しようと立ち上がった、千代の亀101メンバーの一員として、ブースを出しました。ブルガリとのコラボで生まれ、ブルガリの直営ホテルやレストランでも提供される吟醸酒「CHIARO(キアロ)」と、微発砲純米酒「GIORNO(ジョルノ)」の二種を、きちんとワイングラスとシャンパングラスで提供。おつまみとして、酒粕チーズフォンデュを販売しました。昨年は赤字でしたが・・・今年は4千円強の黒字!!がんばった甲斐がありました。少しではありますが、大地震で被災された方々に寄付をさせていただきます。
ご来場くださった方々、ありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

千葉県「木戸泉酒造」さまのお酒。

ありがたく、いただきます。ホワイトデーは、もう1ついいものをいただきました。いつも良くしていただく殿方二人から『木戸泉酒造』さまのお酒。ブログを拝見すると、東日本の大地震で、こちらの蔵の方も、ボランティア活動をされているようです。大変、お疲れ様です。ありがとうございます。白椿好みの、どっしりとした旨味のある酒でした。お二方、ありがとうございます。
大地震から日が経つにつれ、考えさせられます。いつもなら、酒の肴を写真に撮ってupするのも愉しみでした。今は、愉しくありません。ツイッターを見たり、NHKの番組を見たりして過ごしています。自粛ではありません。キモチがのらないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

京ひな「酒六酒造株式会社」蔵見学。

メイン、イベントです。続いて、「吹毛剣」でも有名な『京ひな 酒六酒造株式会社』さまへ。こちらの蔵見学は、はじめてでした。
以前ブログにも書いた『純米主義』の中に、こちらの蔵が載っています。なんと、著者の中野恵利様から、ブログにコメントいただき、びっくりしました。そのことを、跡を継がれている、娘さんにお伝えしたら。一度は大阪に行かないとと思っているのですよとおっしゃっていました。いい酒造っています!先代社長さん(遺影)、今でも事務所の一等席でこの蔵を見守っていらっしゃいました。厳しいお声が聞こえてくるようでした。充実した南予地方の蔵見学ツアー。最後のトリで、一気に興奮する大人の遠足でした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「千代の亀」亀岡酒造さま、蔵見学。

蔵の横顔です。続いて、内子町『千代の亀 亀岡酒造』さまへ。こちらは、もう何度もお伺いしている蔵です。今回は蔵見学はパスして、、、お酒をいただきました。キャー!吟醸、純米吟醸、純米大吟醸と三種類、それぞれの「あらばしり」ときた!!。こりゃ、こりゃ、笑いが止まらねぇース。それに、新しい手ぬぐいも出来ている!
こちら『千代の亀 蔵開き』は3月27日(日)です。ぜひ、いらしてね。白椿もブースに立つ予定。「新酒」「新定番酒」「限定酒」など試飲出来ます。(※有料試飲もあり。)屋台も出ます。お酒と合わせて楽しんでくださいませ。
お酒が飲めなくても楽しめます。肌寒いから、暖かくしていらしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「開明」元見屋酒店、蔵見学。

大きくなるだけぇー。『千鳥 宇都宮酒造』さんから、徒歩で5分ぐらいのところに『開明 元見屋酒店』さまがあります。こちらも、もう何度もお伺いしている蔵。「早く、入ってください!」の大きな声で集合して、酒造りのDVDを観たよ。しししっ。なかなか、サバサバしたユニークな社長さんでした!なんとこの社長さん、早稲田大の理工学科で経営システムを専攻されていたようです。結構、高学歴の方、多いね!
残念ながら、こちらでの試飲はなし。でも、これがいい休憩(酔い覚まし)になりました。しししっ。
宇和町の町並みも、キレイに整備されたなぁーと歩いていたら、おっさん風くしゃみをする、柴犬を発見。結構、うけました。しししっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「千鳥」宇都宮酒造の蔵見学。

これが宇和町の古地図。続いて、西予市宇和町『千鳥 宇都宮酒造』さまへ。宇都宮社長は、生まれは満州、戦後東京で育ち、大学では経済学を専攻、卒業して名門古川電工に入社と、酒とは一切関係の無い人生を歩んで来るも、吉田町出身であったお父上の縁で奥様と結ばれ、奥様のご実家の蔵を継いだそうです。そのせいか、保守的な業界にあって発想も行動も大胆。蔵へ訪れたのは3回目ですが、蔵の中に入れていただいたのは、今回がはじめて。
こちらのお酒は独創的。ネーミングも面白い。社長はお話がはじまると、止まらない勢いでした。昔の古地図(ブラタモリ風?)のパッケージにしたり、ほんと、発想が面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城川郷さん、蔵見学。

これでお酒を大切に優しく絞ります。3月6日(日)は『蔵元屋』さん主催で、南予地方の酒蔵見学に行って来ました。貸切バスでの移動なので、楽チン。
まずは「そっ啄」(そったく)でも有名な、西予市城川町の『城川郷 中城本家酒造』さまへ。蔵見学は今回で3回目ぐらいかな?。印象は「清潔」と「家族愛」な蔵。蔵人としてご活躍の娘さんの愛がイッパイ詰まったお酒に仕上がっていました。丁寧に板酒粕を袋に入れていらっしゃいました。
『中城本家酒造』さまの裏庭でいただく、お酒がうまかった。ほーんとに、うまかった♪。いいお天気で、お花見気分♪
幸先良い、南予地方の蔵見学スタートです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週はぬる燗。

若松の極上じゃこ天です。3月6日まで地酒を仕入れることが出来ず、『ずーっと好きでいてください』な一週間。でも、6日に、いいものが買えました。(6日は南予蔵巡りでした、また後日up。)先々週の内容で申し訳ない。
『若松の極上じゃく天』を相方のお父様へのお土産にと送ってもらっていたので、うちにもおひとつ。ここの極上じゃこ天は、天下一品。大根すりに、醤油なんてかけないでOK!しっかり味が付いています。もちろん、日本酒には最高。
東北地方の地震で被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。残念ながら亡くなられた方、また、そのご家族の方、お悔やみ申し上げます。そして、計画停電地域の方、がんばってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

SIMfree!!

クリックすると、キレイなiphone。今年のホワイトデー、相方からは香港取り寄せのSIMfree/iPhone4。意味が分かりません・・・。電波docomoって感じ?。念願のiPhone4。
活用しているのはツイッターのみ。スケジュールとか、チャチャッと入れたいよ。以前、iPodtouchを使っていたので、ソフトを移動。iPodtouchは音が鳴らず、充電が出来ずで使ってなかった。ソフト更新が長い。なーんか方法はあるんだろうけど、後3時間ぐらい。今度こそ、活用します!
久々の更新となりましたが、相方のお父様と、白椿の家族との初顔合わせも無事終わりました。相方のお父様が圧迫骨折の疑いで、込み入った話はなし。体調が良くなったら、お食事する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

西条とらや「ラングドシャー」

クリックすると、サクッサク。JR西条駅のロータリーに、和洋菓子屋さんの「とらや」があります。何度も書きましたが、おすすめは「ラングドシャー」「マドレーヌ」「オムレット」です。こちらは「ラングドシャー」、バターの風味が心地よく、サックサク!珈琲に合います。一気に何枚でも食べてしまうので・・・「後3枚ぃーっ。」とつぶやきながら食べるといいです。しししっ。この量で1,000円弱です。ちと、東温市から遠いのが残念!
そろそろ相方が帰ってくるので、それまでに、バレないようにラングドシャーを数枚食べる予定。よし、決めたよ。10枚にする!知ってた?割れているのは、枚数に入れないんだよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新たまねぎと新物わかめ。

新たまねぎ、花鰹で。『ずーっと好きでいてください』は、ぬる燗がよろし。叔父の作る新たまねぎを待っていますが、まだまだ小さいらしい・・・。で、ついに、大型スーパーで買ってしまいました・・・・。新物わかめも出ているので、トッピングぅーっ。白椿宅にとっては、ちょいと高価な方の鰹節をかけて、青じそドレッシングでいただきます。トマトも台所で熟れていたので、一緒に。これは・・・うまぁーい、うまぁーい。ヘルシーだし、いいねっ。
最近、右のお尻や、右の太ももの裏が動くと痛い、特に「くしゃみ」がこたえる。肉離れ?なんだろうとネットで検索すると、坐骨神経痛っぽい。
花粉症の季節、くしゃみは1回につき10回は最低出ます・・激痛じゃー!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年3月 8日 (火)

珈琲の煎れ方。

クリックすると、珈琲豆、たくさん。昨夜は珈琲の煎れ方を教わりました。いつも珈琲豆は『しゃん珈琲』さんで求めます。電気ミルで挽いて、お湯を注いでいただきます。電気ミルは、もう買ってしまっているので、ともかくとして、湯の注ぎ方のコツさえ覚えたら、もう少しおいしく煎れられる。早速、帰宅後にいただいたグァテマラコンセーロという豆で実践。「抽出」するっていうところが難しい。自分の煎れ方は抽出してる?湯が流れ出ているだけ?えぐみが出すぎ?分からん。
ポットは『about coffee』さんの記事がすごい。なるほどぉーっ。『ペリカン』も憧れるぅ。カタチから入るアホ女ですけど、何か?
休肝しても、珈琲の愉しみがあるのさっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国茶と珈琲。

クリックすると、珈琲とかいろいろ。昨夜は中国茶教室。残すところ後1回の講座。今回は烏龍茶と緑茶を愉しんだ後、ゲスト?として、お客様であった方が珈琲のことを教えて下さいました。中国茶講座は6月ぐらいまで、松山市内の『えひめ文化健康センター』で3か月は続けるようです。
珈琲豆は4種類焙煎して持って来てくれ、時間の都合上、2種類を煎れた。イエメンのギシルと言う、珈琲豆の殻もいただきました。ギシルをスパイスと一緒に煮出した飲み物もギシルと呼び、イエメンではポピュラーな飲み物らしい。かじると干し葡萄のようでした。茶缶に入っているのは、烏龍茶のハチミツ漬け、一煎目は甘く、二煎目は鉄観音のよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

肉じゃがと地酒。

久し振りに牛肉で肉じゃが。昨夜は久し振りに「牛肉」で肉じゃが。いつもは豚肉ですが、何か?ビンボー暇なしです。その、日本酒を仕入れる暇がなかった先週末、とりあえず大型スーパーで買い求めた、いつもより安価な『ずーっと好きでいてください』を常温で。ちょいとぬる燗にするといいかも。
あぁ、おいしい「無ろ過」の地酒が飲みたい。13日は楽しみにしている南予地方の酒蔵ツアー。この時、仕入られるかな?
前日12日は、体調が良かったら、相方のお父様と、うちの祖母、文太との初顔合わせ。相方のお父様が転倒して体調を崩したが、だいぶいいみたい。そうそう、新玉ねぎ、がまんできずスーパーで買いました。甘くておいしかった♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

土日は一緒。

庭の梅がいい香りです・・・。土曜は甥っ子が泊まりに来て、日曜は実家のプラごみ出しなどを済ませ、雨だったから甥っ子と『ナルニア国物語第三章』。(相方は仕事。)その後、祖母、父の文太、甥っ子と白椿て珈琲タイム。今日は『いわさきちひろ』さんのカップの中でも、ライオンか人気。アスランみたいだね。エドマンド役のスキャンダー・ケインズが、とても魅力的な男性になっていました。
庭には梅の木があります。とてもいい香りで、いつまでも香っていたい。柑橘を枝に刺しておくと、メジロやヒヨ鳥がやって来ます。いつまで見ていても飽きない。特にメジロのうぐいす色がきれい。ずんだもちが食べたくなるくらい・・・きれいんだよー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

カルボナーラと純米にごり。

急いで撮ったよ・・・。金曜は相方がお休み。カルボナーラを作ることになり・・・これは、時間の勝負。写真を優雅に撮る時間はない。で、ちゃちゃっと撮る。『いよてつ高島屋』で仕入れていた『成龍酒造』さんの「賀儀屋 純米無濾過 にごり酒」と急いでいただきました。基本的に、白椿は澄んだ清酒が好き。「どぶろく」は苦手・・・「にごり」も本当は苦手ですが、うす濁りは大丈夫。とろとろのは・・・苦手なんです。嗜好ですから、仕方ない。
カルボナーラは、普通。これは!うまいっ♪という味ではありません。残念!研究する余地あり。パスタって難しいですね。他のお料理と同時になんて出せません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サイコロキャラメルの空き箱。

空き箱の有効活用。「キャラメル拾ったら箱だけぇー。」という替え歌がありましたが、・・・。毎日の日課のひとつ、甥っ子の宿題の鬼監督。甥っ子が『サイコロキャラメル』を食べた後、セロハンテープを取り出し、キャラメルの空箱を鼻にくっつけました。「何しよん?」と聞くと、甥っ子は「ええにおいやもん、ずっとにおいたいんよ。」 その発想、おもろいな。
本日土曜午後は、相方と久し振りに映画。『英国王のスピーチ』。夕方からは実家で用事があり、その後は甥っ子が月1回のお泊りです。月1回がね、延び延びになってたの。午後の短時間を有効にってことで、映画。ジェフリー・ラッシュの表情がオーバーすぎず、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

純米吟醸 桜風 中汲み生原酒、無濾過。

紙包みの中は・・・こんなにシンプル。日曜に『いよてつ高島屋』地下で仕入れていた『桜うづまき酒造』さんの「純米吟醸 桜風 中汲み生原酒(無濾過)」。周りの紙包みが淡いピンクで桜の小さな地模様。お花見に持参したいお酒。水色はやや黄色。香りはあまり高くなく、乳香が少しして、やや青りんご。口に含むと舌にピリピリとくる、程よい酸味と、しっかりした旨味。アルコール度数は17から18%。紙色のイメージが強いのか、桜(春)を連想させる香りがする気がするぅーっ。
この日は、ホッケをいただいたので焼いた。身もほぐれやすく、大好き。
大切な限定品のお酒なのに、昨夜、ほぼ飲んでしまいました。ちょっと反省。月曜を休肝日にすると、後グダグダに飲んでしまうのは・・・どうよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

4P、昼間から集う。

むかごごはんが、うめぇー。日曜13時から、飲み会♪いつもの4Pでございました。しししっ。先方でもつ鍋とサラダを作ってくれていた。こちらは『いよてつ高島屋』へ寄ると丁度、『成龍酒造』さんのブースがありましたので、こちらで手土産のお酒を。残念ながら、蔵の方はお留守。
軽くビールで乾杯したら、日本酒。もつをつつきながら、昼間っから飲みました。シメのごはんが、なんと「むかごごはん」。素朴で後を引く味。おいしかった。酒の肴にもなる。ちびちびとつまみながら、いただきました。
また、この4Pで高知のカツヲ食べに行こう!という〆の言葉で、会は終了。また飲みましょ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »