« 肉じゃがと地酒。 | トップページ | 珈琲の煎れ方。 »

2011年3月 8日 (火)

中国茶と珈琲。

クリックすると、珈琲とかいろいろ。昨夜は中国茶教室。残すところ後1回の講座。今回は烏龍茶と緑茶を愉しんだ後、ゲスト?として、お客様であった方が珈琲のことを教えて下さいました。中国茶講座は6月ぐらいまで、松山市内の『えひめ文化健康センター』で3か月は続けるようです。
珈琲豆は4種類焙煎して持って来てくれ、時間の都合上、2種類を煎れた。イエメンのギシルと言う、珈琲豆の殻もいただきました。ギシルをスパイスと一緒に煮出した飲み物もギシルと呼び、イエメンではポピュラーな飲み物らしい。かじると干し葡萄のようでした。茶缶に入っているのは、烏龍茶のハチミツ漬け、一煎目は甘く、二煎目は鉄観音のよう。

|

« 肉じゃがと地酒。 | トップページ | 珈琲の煎れ方。 »

中国茶を愉しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501540/51064477

この記事へのトラックバック一覧です: 中国茶と珈琲。:

« 肉じゃがと地酒。 | トップページ | 珈琲の煎れ方。 »