四国酒蔵88箇所巡り

2011年3月17日 (木)

京ひな「酒六酒造株式会社」蔵見学。

メイン、イベントです。続いて、「吹毛剣」でも有名な『京ひな 酒六酒造株式会社』さまへ。こちらの蔵見学は、はじめてでした。
以前ブログにも書いた『純米主義』の中に、こちらの蔵が載っています。なんと、著者の中野恵利様から、ブログにコメントいただき、びっくりしました。そのことを、跡を継がれている、娘さんにお伝えしたら。一度は大阪に行かないとと思っているのですよとおっしゃっていました。いい酒造っています!先代社長さん(遺影)、今でも事務所の一等席でこの蔵を見守っていらっしゃいました。厳しいお声が聞こえてくるようでした。充実した南予地方の蔵見学ツアー。最後のトリで、一気に興奮する大人の遠足でした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「千代の亀」亀岡酒造さま、蔵見学。

蔵の横顔です。続いて、内子町『千代の亀 亀岡酒造』さまへ。こちらは、もう何度もお伺いしている蔵です。今回は蔵見学はパスして、、、お酒をいただきました。キャー!吟醸、純米吟醸、純米大吟醸と三種類、それぞれの「あらばしり」ときた!!。こりゃ、こりゃ、笑いが止まらねぇース。それに、新しい手ぬぐいも出来ている!
こちら『千代の亀 蔵開き』は3月27日(日)です。ぜひ、いらしてね。白椿もブースに立つ予定。「新酒」「新定番酒」「限定酒」など試飲出来ます。(※有料試飲もあり。)屋台も出ます。お酒と合わせて楽しんでくださいませ。
お酒が飲めなくても楽しめます。肌寒いから、暖かくしていらしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「開明」元見屋酒店、蔵見学。

大きくなるだけぇー。『千鳥 宇都宮酒造』さんから、徒歩で5分ぐらいのところに『開明 元見屋酒店』さまがあります。こちらも、もう何度もお伺いしている蔵。「早く、入ってください!」の大きな声で集合して、酒造りのDVDを観たよ。しししっ。なかなか、サバサバしたユニークな社長さんでした!なんとこの社長さん、早稲田大の理工学科で経営システムを専攻されていたようです。結構、高学歴の方、多いね!
残念ながら、こちらでの試飲はなし。でも、これがいい休憩(酔い覚まし)になりました。しししっ。
宇和町の町並みも、キレイに整備されたなぁーと歩いていたら、おっさん風くしゃみをする、柴犬を発見。結構、うけました。しししっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「千鳥」宇都宮酒造の蔵見学。

これが宇和町の古地図。続いて、西予市宇和町『千鳥 宇都宮酒造』さまへ。宇都宮社長は、生まれは満州、戦後東京で育ち、大学では経済学を専攻、卒業して名門古川電工に入社と、酒とは一切関係の無い人生を歩んで来るも、吉田町出身であったお父上の縁で奥様と結ばれ、奥様のご実家の蔵を継いだそうです。そのせいか、保守的な業界にあって発想も行動も大胆。蔵へ訪れたのは3回目ですが、蔵の中に入れていただいたのは、今回がはじめて。
こちらのお酒は独創的。ネーミングも面白い。社長はお話がはじまると、止まらない勢いでした。昔の古地図(ブラタモリ風?)のパッケージにしたり、ほんと、発想が面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城川郷さん、蔵見学。

これでお酒を大切に優しく絞ります。3月6日(日)は『蔵元屋』さん主催で、南予地方の酒蔵見学に行って来ました。貸切バスでの移動なので、楽チン。
まずは「そっ啄」(そったく)でも有名な、西予市城川町の『城川郷 中城本家酒造』さまへ。蔵見学は今回で3回目ぐらいかな?。印象は「清潔」と「家族愛」な蔵。蔵人としてご活躍の娘さんの愛がイッパイ詰まったお酒に仕上がっていました。丁寧に板酒粕を袋に入れていらっしゃいました。
『中城本家酒造』さまの裏庭でいただく、お酒がうまかった。ほーんとに、うまかった♪。いいお天気で、お花見気分♪
幸先良い、南予地方の蔵見学スタートです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

貸切、蔵見学。

クリックしたら、朝しぼりです、貴重品!金曜仕事の後、高速飛ばして行った先は『瀬戸内東予休暇村』。メンバーは祖母、父の文太、甥っ子、白椿の4名。宿泊して翌朝「蔵巡り」があるというプランがありました。蔵は先日蔵開きにお邪魔した『日本心(やまとごころ) 武田酒造』さん。夕食に日本心さんのお酒も三種類出して下さり、瀬戸内のお料理をバイキング形式でいただきます。父も朝しぼりが気に入り、4合瓶を追加でいただきました。貴重な数量限定品がいただけるとは思っていませんでした。文太「うまい」を100連発。
翌朝9時半に出発し、10時から1時間程、白椿一家のみが社長のお話と、蔵人さんの案内で蔵見学!!またまた搾りたてを木杓で・・・文太感激!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

梅錦山川株式会社さま見学。

クリックしたら、試飲の大猪口です。東予地区酒蔵巡り4蔵目は全国的に有名な 『梅錦山川株式会社』さん。こちらの蔵は大きい。精米場所は現地から数キロ先にあったり、一度で全ては見学出来ません。瓶詰の機械も素晴らしく、人間の労力を機械に置き換えるということを梅錦さんでは『酒づくりの道具化』と呼んでいるようです。
白椿は小さな蔵の日本酒が好きでしたが、はじめて大きな蔵を見学して、こだわりも聞き、今後は梅錦さんも嗜んでみようと思いました。試飲もたくさんさせていただき、古酒まで飲ませていただきました。今回の旅は、アッという間。バス中、すべて爆睡だったのは白椿だけじゃなかったかな?酔い止め(車酔い)がかなり効果あったの。しししっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ジュリーな近藤酒造さま。

クリックしたら、うれしい試飲ちう。『蔵元屋』さん主催の東予地区酒蔵巡り3蔵目は"愛媛県新酒鑑評会"大吟醸部門で「金賞」を受賞された 『ひめさくら 近藤酒造』さん。こちらの若い社長さんは、ストリッパーな沢田研二さんに極似!!ぜひ「ジュリー!!」と声かけてね。めちゃ反応ヨロシ。社長の奥様も蔵人であり、利き酒は女性の方が向いているのではと話してくださいました。奥様は今年の愛媛の利き酒大会で3位に入られ四国大会へ進出。
まだ新酒の瓶詰がぼちぼちなのでと、数量限定でお酒を販売。それではおさみしいでしょうと、手ぬぐいを付けてくれた。こちらの手ぬぐい『蔵元屋』さんで近く販売される予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本心と書いて「やまとごころ」

クリックしたら、搾りたてを注いでくれます。東予地区酒蔵巡り2蔵目は『日本心(やまとごころ) 武田酒造』さん。当日蔵開きという忙しい中、17歳から蔵で働き、今では65年。計算すると82歳ですね!という杜氏さんが蔵案内をしてくださいました。82歳には見えない足取りに、多少酔っている私達はついていくのがやっと。
杜氏さんがタンクから搾りたてを杓で注ぎ入れてくださいました。白椿は猪口を持たずして蔵入り。さすがの「酒神」海ちゃんが猪口を渡して下さいました!その猪口は飲み仲間のT君に手渡し、その後は何方かに回りおいしく搾りたてを飲まれた事でしょう。そそ、こちらの蔵で、酒神1号さま、2号さまとOFFしました。今後とも、愛媛の酒と愛媛の白椿を御贔屓に。しししっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東予地区酒蔵見学ツアー。

クリックしたら、昔使っていた道具。日曜は『蔵元屋』さん主催の東予地区酒蔵巡りをしてきました。バスでの御一行となります。今回は見学数も多く、盛りだくさんなので祖母はお留守番。白椿一人参加となりましたが、いつものメンバーで楽しく出発です。
まずは『成龍酒造㈱』さんへ。朝早くの蔵見学も快く受け入れてくださり、新酒も試飲出来ました。こちらの蔵ではお酒を絞った後の酒粕をお土産にいただいて帰りました。祖母が甘酒にしてよく飲むので、お土産もよろこんでもらえました。白椿は粕漬けは苦手なんですが、はじめてこちらの瓜の粕漬けをバス車内でいただいてみると、歯ごたえが面白く、おいしかったです。食わず嫌いの方、一度お試しください。お茶漬けにしていただきたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おしゃれ関係 | おやつ | お気に入りのお店 | お気に入りカフェ | お花を愉しむ | お買い物 | つぶやく2007~ | つぶやく2008~ | つぶやく2009~ | つぶやく2010年~ | つぶやく2011 | ばーちゃんの料理 | アパート物語 | ブログつながり | 中予のお店 | 中国茶を愉しむ | 千代の亀101 | 南予のお店 | 四国酒蔵88箇所巡り | 夕ご飯万歳2007 | 家族ネタ2007~ | 家族ネタ2008 | 家族ネタ2009 | 家族ネタ2010 | 家族ネタ2011 | 尾原ミナ | 恋を愉しむ2007~ | 恋を愉しむ2008~ | 恋を愉しむ2009~ | 恋を愉しむ2010~ | 恋を愉しむ2011~ | 愛媛県発信 | 手料理を愉しむ2007~ | 手料理を愉しむ2008~ | 手料理を愉しむ2009~ | 手料理を愉しむ2010~ | 手料理を愉しむ2011~ | 手料理を愉しむ2012年~ | 文化芸術2007 | 文化芸術2008 | 文化芸術2009 | 文化芸術2010 | 文化芸術2011 | 旅を愉しむ2009 | 旅を愉しむ2010 | 旅を愉しむ2011 | 日本酒を愉しむ2012年前期 | 映画を愉しむ2008 | 映画を愉しむ2009 | 映画を愉しむ2011 | 東予のお店 | 治療について | 珈琲を愉しむ2011~ | 甥っ子と共に2012~ | 相方と共に2012~ | 着物を愉しむ2007~ | 着物を愉しむ2008~ | 着物を愉しむ2009~ | 着物を愉しむ2010~ | 着物を愉しむ2011~ | 着物を愉しむ2012~ | 美術館めぐり | 蕎麦会 | 酒を愉しむ2007 | 酒を愉しむ2008 | 酒を愉しむ2009 | 酒を愉しむ2010前期 | 酒を愉しむ2010後期 | 酒を愉しむ2011前期 | 酒を愉しむ2011後期 | 酒を愉しむ2012後期 | 音を愉しむ2008 | 音を愉しむ2009 | 音を愉しむ2010 | 音を愉しむ2011