ブログつながり

2010年3月 5日 (金)

甥っ子のバレンタインは本日。

クリックしたら、甥っ子、鼻が潰れてます・・・。うちの甥っ子の彼女候補?ナンバーワンのYちゃんから、手作りチョコが届きました。かわいらしくハートの型にトッピングも散りばめてかわいらしく仕上がっています。甥っ子もうれしいのか、食べ終わった後のナイロンを、丁寧にたたんでいました。ありがとね!Yちゃん。とっても、おいしかったって言っています。甥っ子が手作りしたのと、どちらがおいしい?と意地悪な質問をすると、ちょっと考えて「どっちも!」とお返事。子供の成長って、自然と涙が出ます。卒業シーズンですが、1日1日、きちんと学校から帰ってくるか、忘れ物はなかったか?お友達と仲良く出来たか?心配ばかり。無事に卒業出来たら、号泣しそうです。まだ1年生だけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

何年越し?

アッと言う間に・・・お別れでした。日曜夜、相方と『みゅんへん』へ。今回は、なんと、相方の友達2名と待ち合わせ。もう7年以上もお付き合いしているのに、なかなか友達に紹介してくれませんでしたの。
お友達とは前の会社仲間、現在はそれぞれ違う職場ですが、年1回のペースでSくんが帰省するのに合わせて会っていたようです。メンバーは、会長さん、Sくん、相方、白椿です。会長さんの「籍入れてしまえ!!」という思ったマンマ発言で、その場も和み、アッという間の時間。また1年後、こうして会えたらいいなぁと思うお友達。末永くお付き合いしたい仲。さて、籍は入れるのでしょうかねぇー!!これこそ、何年越しになるのやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

自分ちで、釜揚げ。

これは・・・イケました。双海の友は、自宅で生しらすが上がったら、釜揚げする!!ひぇー、しらすの生は、築地でいただいたっきり・・・。で、頂いたときに「塩加減は好みがあるので、アレンジしてください。」とのことで、白椿風卵焼き。それから、クリックしたら、かき揚げ風、お好み焼き風・・・何?って料理。
卵焼きには、たっぷりのしらすと、ネギ、酒、みりん、出汁醤油。これをふっくら、半生に空気を入れながら焼。もう一品は、かき揚げがおすすめって聞いていたんだけど、面倒だったので、中華鍋にタップリ油して、一面に焼いて、鍋肌に醤油を回しかけて、マヨマヨ。これ・・・いい酒の肴。翌日は、ソース味にしたら、お好み焼きでした。しししっ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

プチの季節です。

ツルンとしたトマト、キラキラします。いよいよ、トマトのシーズンです。白椿は南高井町の道沿いにある農園で100円でトマトときゅうりを買います。めちゃんこ新鮮で、うまい。看板に「うまい」と書いてあるから間違いない。しししっ。いいプチトマトが手に入ったら『小太郎のまんぷく日記さんのプチトマトのマリネ』です。
白椿は、湯むきをしたトマトに、グレープシードオイル少々、寿司酢も適当、青じそドレッシング、塩コショウで、30分程度浸けておきます。めんどうだから、ナイロン袋で空気をぬかず・・・深皿でラップ。しししっ。あー、いい色。きゅうりはね、『ギノーみそ(ひしお)』と、マヨネーズをまぜまぜしたものを付けます。これ、いい酒の肴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

わらしべ長者の祝い酒。

きれいなんです、獲れたての烏賊!。パソコン不調で更新出来なかった『石の上にも三年』さん。パソコンを入れ替えた情報が入り、相方と設定に。無事更新も出来て、帰宅しようとすると、長男(小学生)さんが「たたき」と言って、漁の大変な作業をして捕った烏賊と、『菊姫(加陽菊酒)』、手作りロールケーキをいただいた。これって、わらしべ長者ですね。しししっ。
早速帰宅して、まな板からはみ出す程の烏賊と格闘。胴はスジを入れて醤油がからみやすいように、ヒレは烏賊そうめんに、ゲソは後日、ぬたに。『菊姫(加陽菊酒)』は、旨み濃厚な辛口、刺身に合う、うまい酒で、わらしべ長者の夜は、こうして更けましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

わらびの「おもぶり」。

これが、蕨のおもぶりの種、そのまま食べてもOK。『風茶房日々雑記』さんよりリクエスト。「蕨のおもぶりごはん」の作り方。材料は、蕨、筍(水煮でOK)、だし汁、重曹、『松山あげ』。蕨は生を水から茹で、プツプツと沸いてきたら重曹を投入(蕨5束で重曹1箱40g)、ワァーっと湯が上がってきたら、火を止め蓋をあけたまま5分弱おく。おきすぎるとドロドロになる。その後、冷水に出して洗い、水に漬けて1時間。それから、3㎝に切って、筍も細く切り、だし汁(甘辛く)の中に投入、松山あげも細く切って入れ、水気が無くなるまで煮る。蕨から水が出でくるので、一旦水分を減らして、粉末のだしの素などを入れるのがコツ。これを炊きたてのご飯に混ぜますが、煮汁は切ってね。米に混ぜる時、塩も忘れず入れてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

新鮮なさより。

天ぷらは揚げたてが一番やね。親しくしていただいている『石の上にも三年』さんより、生きのいい「さより」をいただきました。それも、たぁーくさん、大漁でした。しししっ。
お刺身もいいんだけど・・・白椿、さばくのヘタクソです。なので、天ぷらにしました。揚げたて、サクサクが最高やね。塩でもいいし、梅肉でもいいし、天つゆでもいいね。今夜は天つゆ、大根おろしに、おろし生姜でいただきました。うぁー、ホックホク。帰宅してさばいた甲斐がありました。うまいです。明日から、しばらく更新出来ませんので、急いでupしました。土日はね、大分から友がやってくるので、楽しんでまぁーす。相方、超機嫌悪い・・・白椿がパソコンに熱中してるからやろね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

本場は違う、The毒殺。

こんなになっているよ、卵。白椿は、青白く光るブツを手に取り、狭いアパートの台所、小さな電灯の下で一気に割った。「硬いな・・・。」、もう一度割った。「おぉ、ヒビ入った。」ポロポロと外側の殻を一片ずつ取り除く。
「臭うなぁ・・・。」と臭ったことのない空気に興味がわいた、少し割れた割れ目に白椿の低い鼻を近づけた瞬間・・・。
「くっさぁーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
あれからどれぐらい時間が経っただろう・・・。むきにくい殻を全てむいて、錆びついた出刃包丁を気休め程度に研いで、切った断面を見た。「おぉー、ピータン、ピータン。」そう、白椿はピータンと格闘していたのでした。しししっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

2008、夏。

この夏は、トマトのマリネと、ちぎり胡瓜のマリネでした。この夏は、料理と写真のセンスがいい『小太郎のまんぷく日記(プチトマトのマリネ)』が大活躍、白椿なりにアレンジして、小さなちぎり胡瓜も漬けてみた。来年夏も、コレで決まりです。さて、先日『八日市町並観月会』に行きましたが、その時、相方と手をつないでいたシーンを、たまたま『小太郎さま』のご主人が撮ってくださっていました。上から8枚目です。
三脚を立て、プロ写真家のような方でしたので、そんなにジロジロと見てませんでした。相方とブログを拝見して、「コレコレ、コレ、白椿よぉーっ!!」なんて、はしゃいでしまいました・・・しししっ。写真がとても綺麗なので、ぜひ見てください!!白椿が表現した水墨画のような雲とは、この写真です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

里芋、2個で。

里芋を湯がいて、簡単サラダ。秋、感じてますか?白椿は胃袋でビンビン感じています。しししっ。さて、『小太郎のまんぷく日記』さまの「里芋とじゃこのサラダ」にグッときた昨夜、前日の豚汁のあまりに里芋が2個あったので作った。
ついつい、お箸でつついちゃう。これ、海苔で巻いてもおいしそう。じゃこが口の中でイガイガするかなぁと思ったら、里芋のしっとり感で、柔らかくなってくれる。胡椒は挽きたてが香ばしく、いいですよ。ビールにも、日本酒にも合います。里芋ってホクホクおいしいのと、ゲジゲジするのとあるよね。
今回の里芋はハズレ。大洲産って書いているけど、やっぱ四国中央市の『伊予美人』がおいしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おしゃれ関係 | おやつ | お気に入りのお店 | お気に入りカフェ | お花を愉しむ | お買い物 | つぶやく2007~ | つぶやく2008~ | つぶやく2009~ | つぶやく2010年~ | つぶやく2011 | ばーちゃんの料理 | アパート物語 | ブログつながり | 中予のお店 | 中国茶を愉しむ | 千代の亀101 | 南予のお店 | 四国酒蔵88箇所巡り | 夕ご飯万歳2007 | 家族ネタ2007~ | 家族ネタ2008 | 家族ネタ2009 | 家族ネタ2010 | 家族ネタ2011 | 尾原ミナ | 恋を愉しむ2007~ | 恋を愉しむ2008~ | 恋を愉しむ2009~ | 恋を愉しむ2010~ | 恋を愉しむ2011~ | 愛媛県発信 | 手料理を愉しむ2007~ | 手料理を愉しむ2008~ | 手料理を愉しむ2009~ | 手料理を愉しむ2010~ | 手料理を愉しむ2011~ | 手料理を愉しむ2012年~ | 文化芸術2007 | 文化芸術2008 | 文化芸術2009 | 文化芸術2010 | 文化芸術2011 | 旅を愉しむ2009 | 旅を愉しむ2010 | 旅を愉しむ2011 | 日本酒を愉しむ2012年前期 | 映画を愉しむ2008 | 映画を愉しむ2009 | 映画を愉しむ2011 | 東予のお店 | 治療について | 珈琲を愉しむ2011~ | 甥っ子と共に2012~ | 相方と共に2012~ | 着物を愉しむ2007~ | 着物を愉しむ2008~ | 着物を愉しむ2009~ | 着物を愉しむ2010~ | 着物を愉しむ2011~ | 着物を愉しむ2012~ | 美術館めぐり | 蕎麦会 | 酒を愉しむ2007 | 酒を愉しむ2008 | 酒を愉しむ2009 | 酒を愉しむ2010前期 | 酒を愉しむ2010後期 | 酒を愉しむ2011前期 | 酒を愉しむ2011後期 | 酒を愉しむ2012後期 | 音を愉しむ2008 | 音を愉しむ2009 | 音を愉しむ2010 | 音を愉しむ2011